リバーサルプリント

スライドフィルム(リバーサルフィルム)の画像をスキャンし、デジタル信号に変換してから印画紙にプリントするサービスです。KODAK Eダイレクトという名称でプリントサービスが行われています。
 
Eダイレクトプロ イメージ画像

■ サービス説明詳細

  • KODAK Eダイレクト / KODAK Eダイレクト プロ

    • 特徴
      KODAK が提唱する、写真愛好家の方々向けのリバーサルフィルムからの新しいプリントサービスです。
      リバーサルフィルムからカラーネガフィルム用のペーパーに焼きつけます。
      リバーサルペーパーの印象に近い仕上がりでありながら、カラーネガフィルム用ペーパーの特性を活かし、ハイライトとシャドー部分の階調が豊かで、鮮やかな仕上がりを提供します。
    • KODAK Eダイレクト / KODAK Eダイレクト プロ の違い

      • 「KODAK Eダイレクト プリントサービス」とは
        従来のデジタルプリントに、KODAK が提案する高品質プリント・ソリューションのノウハウを加えたサービスです。
        身近なお店でもプリントを作成することが出来ますので、お客様とプリントを作る方とのコミュニケーションがスムーズになり、お客様の好みがより反映できるようになります。
        プリントの品質は、階調が豊かで鮮やかになります。ネイチャーフォトなどの写真はメリハリがつき、すっきりくっきり見えます。ハイライトからシャドウまでオリジナルが持つ階調を豊かに再現します。プリントサイズはLサイズから最大A3サイズ(小半切)まで可能です。
      • 「KODAK Eダイレクト プロ プリントサービス」とは
        KODAK Eダイレクト プロ プリントサービスとは、最高級プリントが得られるサービスです。KODAK Eダイレクトのプリント品質の特徴を持ち、更に業務用の大型フィルムスキャナーを使用して、やはり高性能なデジタル出力機でプリントします。KODAK Eダイレクト プロに使用するペーパーは KODAK PROFESSIONAL ペーパーです。このサービスは写真愛好家の方々がフォトコンテストや写真展向けの作品を創るのに最も適しています。光学引き伸ばしの場合の手焼プリントにあたると考えて良いと思います。2Lなどのプリント見本をつけると、トリミング指定や色調の希望なども受けてもらえます。サイズは大手札から全紙までです。拠点によって違いますが、メートルサイズの大型プリントを作ることも可能です。
    • 「KODAK Eダイレクト プロ プリント」オーダー時のポイント

      KODAK Eダイレクト プロの仕上がりをより良いものにするためにオーダー時に次のことを留意してみてください。
      お客様とプリンターマンの尺度を揃えることが重要です。「少し濃く」と指定した場合、お客様の思う「少し」とプリンターマンが思う「少し」の程度に差が無いとは限りません。お客様が思う「少し」とプリンターマンが思う「少し」を同じ程度にすることが、思い通りの仕上がりにする第一歩です。

      濃度調整が必要な場合にその程度をカメラの絞りを想定して、「1/2絞り分」明るく、「1/2絞り分」暗くなどとしてみてください。
      色味について同じ尺度を持つことは非常に難しいものです。あれこれ指定するよりも「原版に忠実に」と依頼してみてください。

    ■ 注文方法・料金

    お近くの KODAK カラープリント取扱い店、または KODAK デジタルサービスマークのステッカーのあるお店でお申し込みください。

    コダックデジタルサービスマーク

    ※料金や納期は地域により若干異なります。詳しくは最寄の KODAK カラープリント取り扱い店、または KODAK デジタルサービスマークのステッカーのあるお店でお尋ねください。

コダックアラリスについてプレスリリース・お知らせアクセスプライバシーポリシーサイトマップ
© 2017 コダック アラリス ジャパン株式会社 TM/MC/MR: Portra, Scan Mate, T-Max, Royal
The Kodak, Kodak Professional, Kodak Express, Ektar, Gold, Tri-X, Ultra trademarks and Kodak trade dress are used under license from Eastman Kodak Company.
コダックの商標及びトレードマークはイーストマン・コダック社のライセンスに基づいています。本サイトに記載されている、各社の商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。本サイトで使用されている図版、ビデオなどの表現 方法は説明用のもので、実際のものと異なる場合があります。